閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年9月9日 サンティアゴ 平井浩二

アルゼンチン:San Luis州、金属鉱業におけるシアン等の有害物質の使用を禁止

 8月29日付け地元業界紙によると、アルゼンチン中央部・San Luis州の下院は金属鉱業にシアン、水銀、硫酸等の有害化学物質を使用することを禁止した法案を可決した。今後、本法案は上院に送られ、上院を通過すると直ちに施行される見込みであり、同州内において金属鉱業を操業する企業は、本法案施行後90日以内に最新の処理プロセスを当局に報告し、許可を得ることが必要となる。
 アルゼンチンではこれまでTucuman州、Chubut州、La Pampa州、Mendoza州、Rio Negro州において鉱業活動を規制する法律が制定されている。

ページトップへ