閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年9月15日 ロンドン フレンチ香織

スウェーデン:Mawson Resources社、Tasjoウラン探鉱プロジェクトの最終ボーリング調査結果を発表

 TSX(トロント証券取引所)に上場しているMawson Resources社(本社:バンクーバー)は、同社がスウェーデンで権益100%を有するTasjoウラン探鉱プロジェクトのボーリング調査の最終結果を発表した。同社の9月1日のプレス発表によると、実施した40孔のうち29孔でウラン鉱徴に着鉱した。鉱床の20%を占めるアパタイト中にウラン鉱物を含有し酸化ウラン品位は0.16%である。ボーリング調査結果は、次のとおりである。

From(m) To(m) 着鉱幅(m) U3O8(ppm)
5 11.3 6.3 208
6.6 10.6 4 250
18 24.6 6.6 232
33.2 37.2 4 264
15.4 19.6 4.2 219



 Mawson Resources社はスウェーデンで、11件のウラン探鉱プロジェクトを実施しており、現在はTasjo及びKlappibacken両プロジェクトに最も注力している。同社はスペイン、スウェーデン及びフィンランドの原子力発電に供給するため探鉱しており、9月9日の同社プレス発表によれば、スペイン西部のExtremadura Province(82,056ha)において、同社にとってスペインで初のウラン探鉱権11件を取得している。

ページトップへ