閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年9月24日 リマ 西川信康

ペルー:Shougang(中国)、民営化プロセス調査で国会に対し強く抗議

 国会のエネルギー鉱山委員会は、国内に鉄鉱山を保有するShougang(中国)が国会議長宛に送付した書簡の中で、同社の前身であるHierro Peruの民営化プロセスの不正疑惑に関して国会が3度目の調査を行うことに対して強く抗議したことを明らかにした。
 書簡では、3度目となるHierro Peru民営化プロセス調査の実施は中国本社のペルーに対する不信感を高め、10億US$の投資が見込まれる鉄鉱山拡張計画の遅延或いは中止にもつながりかねないとしている。拡張計画の遅延や中止はIca県やペルー政府にとって大きな損失となるだろうとしたほか、ペルーにおける中国企業の投資にネガティブな影響が及ぶことが言及されている。

ページトップへ