閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年9月28日 リマ 西川信康

エクアドル:新憲法承認で、新鉱業法の審議が加速化

 地元紙等によると、28日、大統領権限の大幅な強化を盛り込んだ新憲法の賛否を問う国民投票が行われ、賛成票が6割以上占めることが明らかとなり、Correa大統領は勝利宣言を行った。Correa大統領は、「新憲法を国民が承認した、これからはこれまでの新憲法反対した人たちも、対話を通じて、新しい国作りに一丸となって前進しよう」と訴えた。新憲法では、大統領の再選や、中央銀行などの主要機関を大統領の指揮下に置くこと、貧困層支援強化、環境保護、資源の国家管理強化などが盛り込まれている。新憲法が承認されたことで、新鉱業法の審議が加速化されていくものと見られる。

ページトップへ