閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年10月3日 リマ 西川信康

ペルー:Cerro Verde労働者ら無期限スト開始

 業界紙等によると、ペルー第2の銅山であるCerro Verde鉱山労働者らは、2008年10月2日、給与や労働条件の改善を求めて無期限ストを開始した。
 Cerro Verde労働者組合代表によれば、政府は鉱山と労働者の双方に対してリマにおける協議を行うよう呼び掛けたものの、これが実施されなかったことからストに至った。
 一方Cerro Verde鉱山側は、労働省は本ストを無効と宣言したほか、CONASEV(企業証券監査委員会)に対してストによる操業への影響はない旨を伝えた。
 同鉱山では、2008年6月にも11日間のストを決行している。

ページトップへ