閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年10月10日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:PT Incoに地元州知事が不満表明

 地元紙によると、南西スラウエシ州知事は、PT Inco社が同州内に保有する鉱区(面積64,000ha)の内、この39年間に4,000haのみでしか生産活動を行っておらず、また同社の東Pomalaa鉱山で生産された鉱石全量がPT Antamへ売却され、本来建設される計画であった製錬所が建設されていないのはCOW違反であり、地元民の雇用確保や地元政府の収入増を阻んでいるとして、政府に対しCOWを無効とするよう要請している。同州知事は、地元民の生活向上のためには、鉱区を他の会社に提供し、積極的な鉱業活動を促進する必要があるとしている。

ページトップへ