閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年10月13日 メキシコ 小島和浩

メキシコ:G-9鉱床の試験操業は計画どおりに進捗

 Farallon Resources Ltd.(本社:Vancouver)は、メキシコ・Guerrero州に保有するG-9鉱床の試験操業による精鉱生産が当初計画どおり2008年10月1日までに3,000tに達したと、10月8日付け同社HPに発表した。銅・鉛・亜鉛精鉱のManzanillo港への輸送は間もなく開始され、港からの精鉱積出は10月下旬の予定である(精鉱売却先はオランダのTrafigura Beheer BV:国際的な石油・金属トレーダーであるTrafiguraの支社)。現在、同鉱山では2009年初頭の商業生産(鉱石1,500t/日)移行を目指して選鉱プラントの調整作業が行われている。

ページトップへ