閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2008年10月14日 シドニー 原田富雄

豪:Panoramic Resources社、Savannahニッケル鉱山の鉱量を再評価

 Panoramic Resources社(本社:Perth)は、WA州のKimberlyにあるSavannahニッケル鉱山の鉱量の再評価を行った。発表資料によれば、鉱量が約290万t、うちニッケル37,750t(品位Ni 1.29%)、銅18,140t(品位Cu 0.62%)、コバルト2,050t(品位Co 0.07%)と、同鉱山が操業を開始した2007年8月以前の見積りに比べ、ニッケル純分で8,500t増(約3割増)としている。
 これは、同鉱山の北部の鉱化帯及び鉱床上部における探鉱結果に基づいた試算であり、今後更に6か月にわたり鉱床下部及び上部と下部を分ける断層帯における試掘を行う予定で、更に鉱量が増えると見ている。
 同社は、Savannahニッケル鉱山と、WA州Kambalda南方42kmにあるLanfranchiニッケル鉱山で年間15,000tのニッケルを生産中で、少なくとも今後10年以上にわたって年間20,000tのニッケルを生産するとしている。

ページトップへ