閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年10月15日 リマ 西川信康

ペルー:鉱業への金融危機の影響

 業界紙等によると、ペルー鉱業協会のCruz会長は、金融危機を原因としペルーの主要鉱産物である銅や亜鉛の価格が50%下落していることから、国内鉱業への打撃は必至であるとの見解を表明した。同会長は、金属価格の下落は世界景気の減速による金属需要の低下を懸念したものであるとし、2009年も価格の下落傾向が続くとの見方を示した。また、リマ証券取引所における鉱業関連株価の下落にも言及し、2008年に入ってからの鉱業関連株の下落率は49%で、証券取引所全体の下落率41%を上回ると語った。さらに、金属価格の下落により2008年の企業業績は悪化の方向にあることとから、カノン税やロイヤルティも減額となるとの見通しを示した。

ページトップへ