閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年10月21日 ジャカルタ 小岩孝二

フィリピン:第8回アジア太平洋鉱業会議、発表は企業の社会貢献を強調

 10月14~16日の間、第8回アジア太平洋鉱業会議がマニラ首都圏パサイ市で開催された。今回は第2回アセアン鉱業大臣会議、第9回アセアン鉱物資源高級事務レベル会議等が同時並行的に開催されたため、東南アジアで展開する企業による探鉱開発動向の発表のほか、各国政府からの鉱物資源開発政策等の発表も行われた。企業発表では、各社とも事業実施状況と同等以上の時間を割いて、いかに地域社会に対して貢献しているかを説明した。また、各国政府も経済開発、地域開発の中核として鉱物資源開発を推進したいとし、特に地域開発における企業の社会的責任(CSR)を強調した(Atienzaフィリピン環境天然資源大臣等)。なお、詳細はカレントトピックスにて報告予定である。

ページトップへ