閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年10月21日 シドニー 増田一夫 2008. 10. 21 北京 土屋春明

ラオス:Phu Kham銅・金鉱山産精鉱に関し、Pan Aust社と銅陵有色金属公司オフテイク契約締結

 Pan Aust社(本社:ブリスベン、旧Pan Australia Resources社)は、ラオスのPhu Kham銅・金鉱山の精鉱について、中国の銅製錬最大手のTongling Nonferrous Metals社(銅陵有色金属公司)とオフテイク(供給)契約を締結したことを発表した。
 契約期間は2012年12月までの4年契約で更新可能となっており、4年間で80,000tを取引し、TC/RCについては毎年の交渉となる。
 Phu Kham鉱山は、Pan Aust社が地元子会社を通じて90%権益を保有する銅・金鉱山で、残り10%権益はラオス政府が保有している。2009年にはフル生産体制に入り、年間240,000 tの銅精鉱(金属含有量:Cu 60,000t、Au 60,000oz(約1.9t)、Ag金属含有量600,000oz(約18.7t))を生産する計画である。

ページトップへ