閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年10月22日 リマ 西川信康

ペルー:FCX、ペルーでの投資延期を決定

 業界紙等によると、FCX(Freeport McMoRan Copper & Gold)のAdkerson社長は、2008年第3四半期の業績悪化や最近の金属価格下落等を受けて、同社の予算を20億US$削減する計画を発表した。これに伴い、南米ではペルーのCerro Verde及びチリのEl Abraに対する予算削減或いは投資延期が実施される見通し。Cerro Verdeに関して、同社は拡張に伴う探鉱や操業計画の作成を実施していた。さらに、同社長は、各鉱山において操業コストの見直し中である旨明らかにした。
 一方、Isasi鉱山次官は鉱山企業に対し、金融危機を背景とする金属価格下落による損失を緩和するため、操業コスト削減を図るよう呼掛けた。また、金融危機に対して鉱山各社は迅速かつ効果的な対策を実施しなければならないとの考えを示した。

ページトップへ