閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル クロム
2008年11月10日 ロンドン フレンチ香織

南ア:XstrataとMerafe Resources、南アで6か所のフェロクロム溶鉱炉を一時休止

 2008年11月10日付、Xstrataのプレス発表によれば、Xstrataの合金部門子会社であるXstrataと同社のクロム事業に関するパートナーMerafe Resources(南ア)は、両社が共同で稼動する南アで6か所のフェロクロム溶鉱炉を一時休止すると発表した。休止によって、2008年は8万tのフェロクロム減産となる見込み。なお、休止が予定される6か所の溶鉱炉は、Rustenbur(3か所)、Lydenburg(3か所)、Wonderkop(3か所)で、全6か所で年間500千tのフェロクロム生産能力、そしてXstrata-Merafeフェロクロム事業の約29%に相当する。
 Xstrata社長は、XstrataとMerafe Resourcesは、現在の短期的な需要減退の間、世界フェロクロム市場の代表として責任のある行動を執るために、生産縮小を決定したと述べており、業界誌によれば、本生産休止が、金属価格を安定させるファンダメンタルになるとの見解もある。なお、生産回復の時期は、今のところ発表されていない。

ページトップへ