閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年11月11日 サンティアゴ 平井浩二

チリ・Cerro Bayo銀山をCoeur d’Alene Minesが一時的に休山

 2008年11月3日付の地元業界紙によると、米国Coeur d’Alene Minesはチリ南部第XI州に位置するCerro Bayo銀山を一時的に休山すると発表した。同社の説明によると、休山の理由は、現在確認している資源量を保持するとともに、新鉱床発見のための探鉱を集中的に実施し、鉱量を増加させた後、低コスト鉱山として再開させることである。同社はCerro Bayo銀山を2010年より再開する見込みである。
 同鉱山の2008年Q3の生産量は前年同期の銀13.2t、金0.2tから大幅に減少し、銀7.9t、金0.1tとなった。また、Q3のキャッシュコストは前年同期の15.6US$/oz(銀換算)から19.9US$/ozに上昇した。

ページトップへ