閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年11月11日 北京 土屋春明

中国:中冶科工集団、Aynak銅山開発プロジェクト追加探査請負契約を締結

 安泰科によれば、2008年10月16日、中冶科工集団の子会社である中冶江西銅業アイナック鉱業有限公司は北京中鉱資源探査有限公司と“アフガニスタンAynak銅山プロジェクト追加探査工事請負契約”を北京において正式に締結した。この契約締結は、同プロジェクトが開発段階に入ったことを示している。
 今回の追加探査は53孔、延33,920mのボーリング探査からなり、同鉱床の埋蔵量を詳細に確定し、開発設計用に確実な地質データを提供することを目的とする。
 Aynak銅鉱床は、アフガニスタンの首都カブールの東南東に位置し、旧ソ連またはアフガニスタンの地質専門家により1970年代から80年代末までに地質調査などからなる探査実績があり、現在ではSEDEX型鉱床と見なされている。

ページトップへ