閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年11月17日 ジャカルタ 小岩孝二

フィリピン:Anglo American、フィリピン銅・金探鉱プロジェクトから撤退

 地元紙によると、Anglo American(以下AA)は鉱区保有者であるManila Mining社に対し、フィリピン・ミンダナオ島のKalayaan銅・金探鉱プロジェクトから撤退すると通知した。AAは2007年3月に20百万US$のプレFS実施により40%権益を取得でき、さらにFS完了により60%権益を取得できる条件で同プロジェクトに参入していた。AAは撤退理由についてコメントしていないが、地元自治体、住民による強硬な探鉱反対運動を受けたことも理由の一つとされている。本プロジェクトは、AAが所有していた権益50%を2008年9月に対等パートナーであるPhilex Mining社(本社トロント)に売却合意済みのBoyangan銅・金探鉱プロジェクトの北方に隣接している。

ページトップへ