閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年11月18日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:銅価下落にも拘らずCollahuasiの拡張継続

 11月12日付 地元紙によると、生産量でチリ第3位のCollahuasi鉱山のスポークスマンは、年間生産量を3万t増強する承認済み計画を含む拡張プロジェクトを継続すると述べた。同鉱山は64百万US$を投資する選鉱場の改善プロジェクトを承認済みである。
 その後、Collahuasiは750百万US$を投じて年産銅量を650千tまで拡張する計画を、2009年Q1に提出する予定である。また、2014年までに更に年産銅量を1,000千tまで拡張する意向である。
 Collahuasi鉱山会社CEO Jon Evans氏はDiario Financiero紙のインタビューに次のように答えた。「不動の戦略でプロジェクトを推進していく。中長期計画に変化はなく、拡張計画も同様である。短期的には明らかに選択肢を修正する場合もあるが、プラントの効率化計画はFS実施中であり計画に変更はない。」
 Collahuasiは年産銅量440千tで、Anglo AmericanとXstrataが各々44%のシェアを、日系企業が残り12%のシェア(三井物産 7.4%、日鉱金属 3.6%、三井金属鉱業 1%)を有している。

ページトップへ