閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年11月18日 サンティアゴ 平井浩二

アルゼンチン:CasposoプロジェクトのパートナーをIntrepid社が模索

 11月12日付けの地元業界紙によると、Intrepid Mines社(本社:トロント)はアルゼンチン、San Juan州に位置するCasposo金・銀プロジェクト開発のため、JVパートナーの検討を開始した。同社は世界的な経済危機によりプロジェクト開発に係る資金調達が困難となったため、2008年10月に同プロジェクトの建設延期を決定していた。なお、JVパートナーが見つからない場合は、2008年末までに同プロジェクトの今後の取扱いについて結論を出す予定である。2007年3月にIntrepid社が発表したFSによると、Casposoプロジェクトの推定鉱物埋蔵量は1.7百万t、品位:Au 5.16g/t、Ag 120g/tで、投資額86百万US$、年間生産量金1.96t、マインライフは5.5年である。

ページトップへ