閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2008年11月19日 シドニー 増田一夫

豪:Panoramic Resources社、Copernicusニッケル鉱山(WA州)の操業を一時停止

 Panoramic Resources社(本社:Perth)は、Copernicusニッケル鉱山(WA州)の操業の一時停止を発表した。Copernicus鉱山は、Panoramic Resources社が60%、Thundelarra Exploration社(本社:Perth)が40%を保有し、両社はニッケル価格回復まで操業を一時停止することを決めた。同山は、現在Panoramic Resources社が操業中のSavannahニッケル鉱山から30km南に位置しており、推定埋蔵量437,000t、品位Ni 1.0%、Cu 0.65%、Co 0.05%が計上されており、12か月間は露天掘、以降は坑内掘、マインライフ4年の計画で、2008年6月から採掘が開始され、鉱石はSavannah選鉱場で処理されていた。年産計画量はNi 1,600t、Cu 1,200t、Co 55t。
 なお、Savannah鉱山(推定埋蔵量:2.926百万t、品位Ni 1.29%、Cu 0.62%、Co 0.07%、年産量Ni 8,000t、Cu 4,500t、Co 400t)の操業はこれまでどおり継続する。

ページトップへ