閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル
2008年11月19日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:小規模錫製錬所操業休止継続

 地元紙によると、Bangka Belitung(バンカ・ベリトゥング)州にある7か所の小規模錫製錬所が10月から錫価格下落等を理由に操業を休止しており、2009年1月までは休止を継続する見込みである。休止当初は錫価格が18,000US$/tを回復するまでは当面再開しないとしていた。錫価格は、10月の休止開始時に12,000US$/t台であり、その後11月に入って一旦は15,000US$/t台まで回復したが、足下では11,000US$/t台まで下落している。操業再開は、価格回復を見通せるようになってからとしている。これら7製錬所の生産量は合計約3,000t/月程度である。

ページトップへ