閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年11月23日 バンクーバー 村上尚義

カナダ:NW準州におけるダイヤモンド探鉱ボーリングによりNi・Cu・Co・PGE鉱化帯の発見される

 ダイヤモンド探鉱ジュニアのArctic Star Diamond社(本社:Vancouver)が、ダイヤモンド探鉱を目的に2005年に取得したNW準州Credit Lake鉱区で実施中のボーリングにより、Ni・Cu・Co・PGE鉱化帯が捕捉された。
 Credit Lake鉱区は、カナダで最初に開発されたEkatiダイヤモンド鉱山(BHP Diamonds社が権益80%を所有)の西方約55kmのProvidence Lakeグリーンストーン帯中に位置している。同鉱化帯は地表付近から連続しており、走向方向に500m以上、深度方向に150m以上の延長が期待されている。また、鉱化帯が胚胎される超塩基性岩体は走向延長24km以上で、同社は今後、物理探査で、その分布を把握するとしている。
主要な着鉱状況は下記のとおり。

孔番 着鉱幅
(m)
品位Ni
(%)
Cu
(%)
Co
(%)
PGE
(g/t)
08CR18 5.1 1.73 1.75 0.17
08CR13 2.2 8.69(※1)
08CR10 0.6 1.08(※2)
(※1)Pt 7.63、Pd 1.06
(※2)Os 0.14、Ru 0.29、Ir 0.19、Rh 0.46

ページトップへ