閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年11月25日 シドニー 原田富雄

豪:鉱業・エネルギー分野への投資状況を発表

 2008年11月19日、ABARE(豪州農業資源経済局)は、2009年4~10月までの7か月間に新規に計画された鉱業関係プロジェクト数は31で、昨今の資源価格の下落、金融危機の影響により2007年同期の50プロジェクトを下回ったと発表した。この中には、開発が凍結されたQLD州のEsperanza South銅山も含まれ、同時期では2005年以降最低、ここ5年間でも下から二番目の開発数に留まっている。
 ABAREによれば、プロジェクトの数は減っているものの鉱業分野への投資はまだ底固いとし、投資総額は230億A$(うち123億A$がWA州の鉄鉱石プロジェクト)と集計している。

ページトップへ