閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年11月27日 シドニー 増田一夫

豪:Alcoa、Portlandアルミ製錬所の操業縮小

 Alcoa(本社:米Pittsburgh)がPortlandアルミ製錬所(豪VIC州)の操業を縮小すると地元紙が報じた。
 価格低迷による操業コスト高と世界経済危機による需要低下の影響を受け、Portlandアルミ製錬所の年産量を358,000tから15,000t(4.2%)減産し、18~20名の請負契約雇用人員を削減する。Portland製錬所は、VIC州政府と契約する電力価格がコスト高の要因となっており、Alcoaは地元紙に対し、現在の経済状況に加え、今後導入が見込まれる排出権取引制度により、更なるコスト節減と効率化が必要としていると語った。

ページトップへ