閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年12月5日 リマ 西川信康

ペルー:金融危機の影響で鉱山人員削減の動き

 業界紙等によると、ペルー鉱山労働者連盟書記長は、ここ45日間で既に1,500名の鉱山労働者が解雇され、今後その数は鉱山労働者全体の10%に相当する15,000人に拡大する可能性があると指摘した。同連盟は既にSimon首相やSanchezエネルギー鉱山大臣と会談し、不当解雇等の抑制や労働者の権利保護を要請した。同連盟によれば、Huallanca鉱山では既に350名が解雇されたほか、Glencoreの現地子会社Minara Resources社が操業するRosaura鉱山をはじめとする複数の鉱山が20~30名の解雇を実施した。
 一方、Villasante労働雇用促進大臣は、金属価格の下落やプロジェクトの資金不足を口実に一方的な解雇を正当化しないよう鉱山企業へ注意を促した。

ページトップへ