閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年12月9日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:CODELCOが2009年設備投資予算20億US$を承認

 2008年11月28日付地元業界紙によると、CODELCOは2009年の設備投資予算として約20億US$を承認した。2009年の投資計画は2007年に匹敵するものであり、困難な状況にも拘わらず2009年は強固な投資計画を進めるArellano総裁は11月27日にサンティアゴで開催されたEnade Business会議で語った。
 CODELCOが継続中のプロジェクトの中には、チリ第Ⅵ州El Tenienteの坑内採掘拡張計画及び、チリ第Ⅴ州Andinaの露天掘と坑内採掘の拡張計画が含まれる。また、2008年5月に操業開始したチリ第Ⅱ州Gabriera Mistralの銅カソード年産能力15万tを28か月かけて更に2万tまで増強する。
 CODELCOの2008年Q1~Q3間の銅生産量は対前年同期比7.83%減の112万tであるが、これは主として粗鉱品位の低下と請負労働者による暴力的抗議行動による操業停止が理由である。

ページトップへ