閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年12月9日 北京 土屋春明

中国:五鉱集団公司、五鉱希土州株式有限公司設立

 安泰科によれば、中国五鉱集団公司(China Minmetals Corp.)傘下の五鉱有色金属株式有限公司は、江西省カン州市のカン県紅金希土有限公司及び定南大華新材料有限公司と共同により五鉱希土カン州株式有限公司を設立した。
 五鉱希土カン州株式有限公司は五鉱有色金属株式有限公司が40%の権益を所有する。同合弁企業の年間希土精製分離能力は8,500tで国内最大のイオン吸着型希土分離精製企業集団となる。計画によると、五鉱希土カン州株式有限公司は、今後5年以内に希土機能性材料開発プロジェクトに20億元(300億円相当)を投入し、年間売上額100億元(1,500億円相当)を目指し、世界最大の採掘・精製分離・加工を一体化した希土企業集団を目標としている。
 五鉱希土カン州株式有限公司は、希土磁性材料、発光材料など高度加工産業チェーンを構築し、希土製品の付加価値を引上げる計画である。同時に、カン州市周辺にある良質なイオン型希土資源及び希土分離製錬企業を積極的に統合する計画である。

ページトップへ