閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年12月13日 ジャカルタ 小岩孝二

フィリピン:豪企業、Luzon島北部の銅金山開発事業を凍結

 OceanaGold(豪)は12月3日、Luzon(ルソン)島北部のDidipio銅金山開発事業を凍結すると発表した。2008年5月に開発費を見直した結果、必要資金が320百万US$となり175百万US$の不足が見込まれたため、大規模投資を控え、JVパートナー、投資家等を求めてきたが提携先が見つからなかったとしている。地元紙では、比企業と売却交渉を行っているとも報道されている。本プロジェクトは、外資が100%権益取得できるFTAA(資金技術支援協定)に基づくものであり、埋蔵量33百万t、品位Cu 0.58%、Au 1.48g/t、2009年6月の開発工事完了を予定していた。

ページトップへ