閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年12月15日 北京 土屋春明

中国:紫金鉱業集団公司、鉱山会社買収に10億元投入

 安泰科によれば、中国第2位の金生産企業である紫金鉱業集団公司は、最近、国内外の鉱山会社買収に10億元(150億円に相当)を投じると発表した。関係筋によると、紫金鉱業集団公司は2008年にも多くの海外鉱山会社買収のチャンスはあったが、2009年が最適な年となると語っている。買収方法は、株式の買付けにより行い、買収対象は埋蔵量100t以上の金山、埋蔵量100万t以上の銅山である。
 紫金鉱業集団公司の総経理である陳 景河氏は、以前は海外の鉱山買収に保守的であり、小規模で買収金額の小さな鉱山を対象としていたが、今後は、大規模鉱山の買収を加速させると語っている。同社は、ペルーのRio Blanco銅山、フィリピンの銅・金山の開発を手掛け、更に、アフリカでの資源開発を狙っている。

ページトップへ