閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年12月15日 北京 土屋春明

中国:湖南有色金属株式有限公司、豪州Browns鉱山の操業順調

 安泰科によれば、湖南有色金属株式有限公司が投資している豪州Browns鉱山の操業は順調で、近々、フル操業に入る。同鉱山は既に試験操業期間中に300tの銅カソードを生産している。
 豪州Browns鉱山開発プロジェクトは、豪州において重要な開発プロジェクトの一つとして位置付けられている。鉱山は、年間130万tの酸化鉱を処理し、10,000tの銅カソード、1,000tのコバルト及び700tのニッケル化成品を生産する。更に、ニッケル・コバルト製造ラインの追加工事(Ni:5,000t/年、Co:6,000t/年)を行っている。
 本プロジェクト以外に、現在、湖南有色金属株式有限公司は、豪州においてタングステン・鉛・亜鉛・ウランの開発プロジェクトを行っている。

ページトップへ