閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2008年12月15日 シドニー 増田一夫

豪:Base Metals社、Hellyer亜鉛精鉱プロジェクト(TAS州)を取得

 Base Metals Ltd.(本社:Perth)は、Intec Ltd. (本社:Sydney)がTAS州に保有するHellyer亜鉛精鉱プロジェクトの権益を100%取得することで基本合意に達したと発表した。
 Base Metals社は、Hellyer亜鉛精鉱プロジェクトの権益100%及びHellyer選鉱場とそれに付随するインフラ施設を4百万A$で取得するほか、選鉱処理に対するロイヤルティとして、5百万A$を上限に、給鉱1t当り2.50A$をIntec社に支払うこととなる。
 Intec社のHellyer亜鉛精鉱プロジェクトは、Hellyer鉱山の尾鉱堆積場の尾鉱を再処理して亜鉛精鉱の回収するプロジェクトで、Intec社とPolymetals Mining Services Pty Ltd.(本社:Brisbane)とのJV(権益比率各50%)によって開始され2006年10月から操業を開始し、2008年Q2には15,392tの精鉱(含有量Zn 5,775t、Pb 1,949t、Ag 2,778kg)を生産したが、金属価格下落により、2008年8月にはPolymetals Mining Services Pty Ltd.が撤退し、2008年9月には、操業を一時中止し、維持・管理状態となっていた。
 Base Metals社は、Hellyer亜鉛精鉱プロジェクトの約1km南でQue River亜鉛鉱山を操業しており、Hellyer選鉱場での処理を検討している。

ページトップへ