閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル コバルト
2008年12月17日 ロンドン 竹谷正彦

ザンビア:ザンビア最大コバルト生産者Chambishi製錬所が休止

 各社報道によれば、12月15日(月)、ザンビアの鉱業大臣は、同国でコバルト生産最大手のChambishi Metals Plc.(以下CM社)のChambishi製錬所がコバルト生産を休止したと発表した。これは、世界的な金属価格下落により、現状の銅・コバルト価格では採算割れとなったことによる。
 なお、同製錬所の銅製錬のための焙焼炉は稼動させている。
 また、同国政府は、CM社の親会社Luanshya Copper Mines(以下LCM)の所有するBaluba銅山の操業継続決定について併せて言及した。
 銅はザンビア最大の輸出産品であり、また、銅鉱業は主要な雇用機会となっていることから、同国政府は、雇用を守るためBaluba銅山及びChambishi製錬所の休止を回避したいとしている。
 これに先立ち、12月13日(土)、ザンビア大統領は、上記取扱いについてLMCと協議した。また、翌14日(日)、同国大統領は、政府として鉱業部門の雇用を維持するため可能な限りの方策を行うことを言明した。

ページトップへ