閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2008年12月18日 リマ 西川信康

ペルー:2008年度自発的拠出金20%減少の見通し

 エネルギー鉱山省は、鉱山企業によって支払われる2008年度の自発的拠出金(地元への還元は2009年)が前年比で20%減少し161百万US$となる見通しを明らかにした。
 自発的拠出金は企業の税引後利益の原則3.75%を地元に還元する制度であるが、Q3に入り、企業業績が軒並み悪化していることが減額の原因である。
 Isasi鉱山次官は、ペルーは、多鉱種を産する世界有数の鉱山国であり、特に、依然として高値圏にある金の上位生産国であることから、決して悲観すべき事態ではないと強調した。

ページトップへ