閉じる

ニュース・フラッシュ

2008年12月28日 リマ 西川信康

ペルー:2008年鉱産物輸出額は1割増の192億US$となる見通し

 エネルギー鉱山省は、2008年の鉱産物輸出額は前年を10.8%上回る192億US$となる見通しを示した。なお、2008年1~10月間の鉱産物輸出額は、前年比15.7%増の162億7,200万US$で、総輸出額の59.4%を占めている。
 また、2007年に納税された所得税の50%以上が鉱業由来であり、2008年には合計51億5,700万N.Soles(1.722百万US$)のカノン税が地方へ還元されたこと、2008年1~11月間に承認された鉱区は前年を20%上回ったこと、500万N.Soles(1.7百万US$)を投じてRamis川における灌漑施設建設に向けた環境改善プロセスに着手したことを明らかにした。

ページトップへ