閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年1月12日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:2008年の鉱業投資額16億US$は対前年比3.5億US$増、2009年目標額は21億US$

 地元紙によると、エネルギー鉱物資源省高官は1月6日、2008年のインドネシアにおける鉱業投資額が16億US$となり、2007年の12.5億US$から3.5億US$増であったと語った。また、2009年の政府目標額は21億US$であるとした。さらに、総額40.9億US$に上る次のような製錬所建設計画が現在、政府に対し提案されていることも明かした。
[1]PT Nusantara Smelting:東カリマンタン(Kalimantan)州、銅・ニッケル製錬所計画(総額10.4億US$)
[2]PT Gresik Smelting:東ジャワ(Jawa)州、銅製錬所計画(総額14億US$)
[3]PT Antam:南カリマンタン(Kalimantan)州、西カリマンタン州、リアウ(Riau)諸島州におけるアルミナ、海綿鉄製錬所計画(総額16.5億US$)

ページトップへ