閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年1月19日 ジャカルタ 小岩孝二

ベトナム:Dong Pao(ドンパオ)・レアアース鉱床開発に日本企業が参加へ

 日本とベトナム間の石炭及びレアアースを含む鉱物資源分野の関係強化を図るため、第2回日越・石炭・鉱物資源政策対話が1月15日にベトナムにおいて開催された(日本側代表:吉川経済産業副大臣、ベトナム側代表:Le Duong Quang商工副大臣)。この中で、VINACOMIN(Vietnam National Coal-Minerals Industries Group)のTran Xuan Hoa総裁は、Dong Pao(ドンパオ)・レアアース鉱床について政府の承認を受け開発会社を設立済みで、日本企業と協力していくことについてVINACOMIN取締役会で承認済みであると発言した。また、日本企業を選定した理由として、開発資金及び技術を有することに加え、環境保護の実践を挙げた。

ページトップへ