閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年1月20日 シドニー 原田富雄

豪:Energy and Minerals Australia社はWA州Mulga Rockウラン鉱床の資源量を発表

 ウラン開発を手掛けるEnergy and Minerals Australia社は、WA州Kalgoorlieの北東250kmにあるMulga Rock鉱床における酸化ウラン資源量(JORCコード)が24,520t(カットオフ品位:U3O8 200ppm)と発表した。
 発表資料によれば、Mulga Rock鉱床一帯には、Ambassador、Emperor及びShogun鉱床が存在し、カットオフ品位毎の資源量は次のとおりとなっている。

カットオフU3O8品位
(ppm)
鉱量
(Mt)
U3O8品位
(ppm)
U3O8含有量
(t)
200
44.36 550 24,520
300
35.22 630 22,220
500
18.63 850 15,810
700
10.31 1,060 10,930


 最も高品位の鉱床はAmbassador鉱床周辺部で、(資源量7.63Mt品位960ppm)U3O8含有量7,290tである。
 生産開始は2013年とされている。

ページトップへ