閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年1月22日 シドニー 増田一夫

豪:BHP Billiton、豪州のニッケル事業見直し

 BHP Billitonは、豪州のニッケル事業見直し計画を発表した。現市況では、Ravensthopeニッケル鉱山(WA州)及びYabulu製錬所(QLD州)については収益悪化と今後のニッケル市場の先行きも不透明であることから、Ravensthopeについては直ちに操業停止に向けた作業を開始し、無期限の操業停止となる。Yabulu製錬所は、Ravensthopeニッケル鉱山からの水酸化ニッケルの処理を停止し、当面の間は精鉱処理のみとなるが、操業計画について見直し、2009年H1中に結論を出す。2009年6月までに、Ravensthopeニッケル鉱山で1,450人、Yabuluニッケル製錬所で350人の従業員計1,800人(内、直轄800人、請負1,000人)の人員削減を行う計画で、この見直し計画により、約12億US$の減損処理(税引前)となる見通し。
 また、Mt. Keithニッケル鉱山(WA州)についても操業規模縮小により、鉱石採掘量を減らし、貯鉱された低品位鉱の処理量を増やす。鉱石処理技術を改良することで、精鉱生産量は、ほぼ現状を維持できる。この操業縮小により、2008年2月までに従業員300人(内、直轄100人、請負200人)の人員削減を行う計画である。

ページトップへ