閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル 亜鉛
2009年1月26日 ロンドン フレンチ香織

アイルランド:Lundin Mining社、Galmoy鉛・亜鉛鉱山を閉山

 Lundin Mining社(以下LM社、本社:Vancouver、TSX上場)は1月22日、亜鉛価格下落により、同社がアイルランドに有するGalmoy鉛・亜鉛鉱山を2009年5月に閉山すると発表した。同鉱山は、アイルランドの三大鉛・亜鉛鉱山の1つで、2007年の亜鉛生産量は45,282tである。2008年3月時点の同鉱山の確定・推定埋蔵量2.02百万t(品位Zn 15.8%、Pb 4.4%、Ag 41.9g/t)、概測・精測鉱物資源量1.95百万t(品位Zn 14.9%、Pb 3.2%、Ag 31.3g/t)、マインライフは2011年までである。同社によれば、今後、同山での操業を段階的に停止し、その後に閉山、用地修復作業が行われる予定である。
 LM社はこの他、亜鉛価格の下落及び財政赤字により、2008年12月23日に同社が有するAljustrel多金属鉱山(ポルトガル)を、同子会社のPirites Alentejanas SA社に売却している。また、2008年11月には、LM社及びHudBay Minerals社(本社:Toronto、LM社の株19.9%保有)との間で「友好企業合併(Friendly Businesss Combination)」が発表されていたが、現在は、HudBay Minerals社の株主等(主にJaguar Financial Corp.)が、LM社の財政赤字を懸念して本合併契約に断固として反対している。
 なお、アイルランドは2007年、亜鉛鉱石生産において世界第9位を記録し、世界全体の3.5%を占めている。アイルランド最大で、Boliden社が有するTara鉛・亜鉛鉱山も維持管理状態とする予定で、2009年1月19日から最大700名の従業員が(一時または永久)解雇されると言われているが、組合員との議論は現在も引続いている。

ページトップへ