閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年1月27日 サンティアゴ 菱田 元

ブラジル:Valeは解雇を避け労働者の有給休業を提案

 1月22日付け地元紙によると、ValeはMinas Gerais州とMato Grosso州の労働組合に対し、解雇回避のため労働者の有給休業を提案した。また、同社はこの提案を受理した全ての労働組合員に対し、5月31日までの職を保証する。この目的は、市場の現実に適応するため、鉱山の生産を再調整する時間的余裕を確保するためであり、従業員の解雇回避のために、あらゆることに責任を持つだろうと声明された。
 Valeは各労働者の給与の50%支払いと、月額最低856Reais(365US$)の保証のほか、健康・生命保険、退職計画の補充、食糧手当などの福利厚生を存続させることも提案し、これらは交渉過程における一つの前進であり、提案を受入れた労働者の雇用を保証するためのものと説明した。
 1月27日、ブラジルの主要鉱業労働組合の全委員長がブラジリアで労務担当弁護士と会合を持ち、この提案を受入れるか否かについて議論する。

ページトップへ