閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年1月27日 シドニー 原田富雄

ニュージーランド:Rio Tintoが所有するTiwaiアルミ製錬所は減産が継続

 この2か月間、Rio Tintoはニュージーランドに所有するTiwaiアルミ製錬所の生産量を約30%削減してきたが、将来的に生産量を通常に戻す計画はない発表した。
 2008年11月に発生した同製錬所の変圧器故障により、年間生産能力350千tの内、100千tの減産を余儀なくされたが、生産量の回復は、変圧器の回復とアルミ市況によるとして明言を避けてきた。

ページトップへ