閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年2月3日 サンティアゴ 平井浩二

アルゼンチン:Gualcamayo金山の鉱物資源量をYamana Gold社が公表

 1月27日付けの地元業界紙によると、カナダYamana Gold社はアルゼンチンSan Juan州に位置するGualcamayo金山、Lower West鉱床の鉱物資源量を発表した。Lower West鉱床はGualcamayo金山の主要鉱体であり、2008年末より試験操業を行っているQuebrada del Diablo鉱床の西方、500m下部に位置する。
 同社の発表によると、Lower West鉱床の概測+精測鉱物資源量は8.26百万t、品位Au 2.90g/t、予測鉱物資源量1.60百万t、品位Au 2.66g/t(カットオフ品位Au 1.0g/t)である。同鉱床の鉱物資源量は、これまでにYamana Gold社が実施した15,000mのボーリング調査結果に基づくもので、2009年に6百万US$を投資し10,000mの追加ボーリングを行う予定である。Lower West鉱床はピラー回収フロントケービング法(front-caving with pillar recovery method)による坑内採掘を行うことが決定されており、本鉱床の開発によりGualcamayo鉱山のマインライフは当初9年から13年に延長される。
 Gualcamayo金山は2009年Q2より本格操業を開始する予定で、Lower West鉱床の開発は2015年となる見込みである。

ページトップへ