閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年2月3日 シドニー 原田富雄

豪:Extract ResourcesはナミビアRossing Southウラン鉱山の資源量を発表

 2009年1月27日、Extract Resources Ltd.(本社:豪Perth)はナミビア西部Namibia Desertで開発中のRossing Southウラン鉱山における資源量を初めて発表した。
 発表資料によれば、Rossing South Zone 1における酸化ウランの資源量(豪州JORC規程、加州NI43-101ガイドライン)は次のとおりとなっている。

カットオフ
U3O8品位(ppm)
鉱量
(Mt)
U3O8品位
(ppm)
U3O8含有量
(百万lb)
75 115.6 430 108.4
100 115.0 430 108.3
200 102.0 460 103.7


 同社は、半年かけてZone 2鉱徴を含め追加ボーリングを行うと共に、Zone 1鉱床のFSを行うとしており、将来的にRossing Southウラン鉱床の資源量が世界の10位以内に入るものと期待している。

ページトップへ