閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年2月3日 シドニー 原田富雄

豪:Rio Tintoは中国Ningxiaアルミ製錬所の株式を中国企業に売却

 2009年1月27日、Rio Tintoは保有する中国Ningxia(寧夏)アルミ製錬所の株式50%をJVパートナーであるQingtongxia(青銅峡)アルミ公司に125百万US$(188百万A$)で売却したと発表した。また、Rio TintoはQingtongxiaアルミ公司の拡張計画に対するオプション権の放棄により13百万US$を受領した。
 Ningxiaアルミ製錬所は、2004年にRio Tinto(当時、買収前のAlcan)が110百万US$の投資を行い、回族自治区(Ningxia)中国寧夏で年産160千tのアルミ製錬を行っている。
 今回の売却は、Rio Tintoが抱える389億US$の負債の内、2009年中に100億US$の削減を行う計画の一環である。

ページトップへ