閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年2月9日 ロンドン 及川 洋

カザフスタン:Kazatomprom社、中国とのウラン開発合弁事業を開始

 報道によると、2月3日、カザフスタンのKazatomprom社は、中国CGNPG(中国広東核電集団)とウラン開発のJVを設立したことを公表した。
 Kazatomprom社は、51%のJVプロジェクトを保有しているが、CGNPGとの本JVは、今後、カザフスタン国内のIrkol地域及びSemizbai地域の2か所の鉱床の開発を進めることとしている。両プロジェクト合せて将来的には年間1,250tのウラン生産を計画しており、Lkrol地域での生産は、公式には2009年春を予定しているが、一部試験生産は既に始まっている。また、Semizbai地域については、2009年末の操業開始を計画している。

ページトップへ