閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年2月9日 リマ 西川信康

ペルー:Scotia銀行アナリスト、2009年内に金価格が1,200US$まで上昇すると予測

業界紙等によると、Scotia銀行の経済アナリストは、2009年の貴金属価格の見通しについて、投資家のドルやユーロの基軸通貨に対する不信感の高まりから、金については1,200 US$/oz、銀は17 US$/ozまで上昇する可能性があるとの見方を示した。
また、銅や亜鉛、鉛といったベースメタルに関しても2009年下半期に回復傾向が明確となり、年内に銅1.7USU$/lb(3,748US$/t)、亜鉛・鉛ともに0.6US$/lb(1,323US$/t)に達するとの予測を示した。特に、銅需要は、各国が景気対策として打ち出している公共事業の拡大により回復のペースが速まる一方で、亜鉛・鉛については、自動車産業の回復が見込めないため、本格的な価格上昇は、まだ先となるとの見方を示した。

ページトップへ