閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年2月20日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:三菱商事が北Maluku州Weda Bayニッケルプロジェクトの権益30%を取得

 三菱商事は2月19日、北Maluku州Halmahera島のWeda Bayニッケルプロジェクトを実施しているPT Weda Bay Nickelの株式90%を保有するStand Minerals社(シンガポール)株式33.4%をEramet社(仏Paris)から約145百万US$で取得すると発表した。この結果、三菱商事は、同プロジェクトの権益30.06%を保有することとなる。同プロジェクトは、1998年に締結された第7世代COWに属している。
〔※編集補足:Eramet社の2月19日発表によれば、Weda Bayは世界最大級の未開発ニッケル鉱床であり、資源量(Ni含量)5.1百万tであり、同山開発によりEramet社のニッケル年産量は倍増し、65千tとなる見通し。〕

ページトップへ