閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
ベースメタル
2009年2月20日 ジャカルタ 小岩孝二

ラオス:Sepon銅山は中国五鉱有色金属股公司へ

 債務返済資金の調達を迫られているOZ Minerals(本社:豪Melbourne)に対して中国五鉱有色金属股 公司()が買収を提案し、OZ Minerals取締役会が受入れを表明したことにより、ラオスのSepon銅山が中国企業の所有となる可能性が高くなった。地元紙によると、同鉱山では2008年秋以降331人が解雇されており、同国エネルギー鉱山省鉱山局長は、政府はまだ正式な連絡をOZ Mineralsから受けてはいないが、中国企業がSepon銅山を所有することになれば、豪州企業に対してきたと同様に対処すると言明した。
〔※注:中国五鉱有色金属股 公司(minmetals Non-ferrous Metals)は中国五鉱集団公司(Minmetal)傘下の有力企業である。〕

ページトップへ