閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年3月26日 リマ 西川信康

ペルー:Hochschild、2008年は損失を計上

 業界紙等によると、ペルーの銀生産企業Hochschildは、2008年の業績に関して、目標生産量の26百万oz(809t)を達成したにも拘わらず19百万US$の損失を出したことを明らかにした。同社は2007年に85百万US$の利益を計上していた
 損失の要因として、同社は、Ares及びSelene鉱山における粗鉱品位低下や、前年度比で操業コストが14%上昇したこと等を挙げた。
 一方、2009年の生産目標は28百万oz(871t)としているが、現在同社の操業する4鉱山がストに入っており、今週中に終了しない場合、目標生産量を達成できない可能性がある。

ページトップへ