閉じる

ニュース・フラッシュ

鉱種:
レアメタル ニッケル
2009年3月28日 ジャカルタ 小岩孝二

インドネシア:Tshingshan Holding Group社(中国)、Obi Islandニッケル開発プロジェクトから撤退

 地元紙等によると、Tshingshan Holding Group(THG)社は、同社がPT Antamと共同で進めてきた北Maluku州Obi Islandラテライト・ニッケル鉱床開発プロジェクトから撤退したことを香港において開催されたフェロアロイ・カンファレンスで明らかにした。同プロジェクトは、現地にフェロニッケルまたはニッケル銑鉄工場及びステンレス工場まで建設する計画で、総投資額20億US$が見込まれていた。2007年11月に両社で覚書が締結され、2008年8月までにFSを実施し、その結果により開発会社を設立する計画であったが、THG社は2008年8~9月の時点で撤退を決めたとのこと。同社は撤退の理由として、地方政府が鉱業権を取り消そうとしたことと、ニッケル価格の下落を挙げている。

ページトップへ