閉じる

ニュース・フラッシュ

2009年3月31日 サンティアゴ 菱田 元

チリ:Exeter社がCaspicheプロジェクトの予測鉱物資源量を更新

 3月24日付け地元紙によると、Exeter Resource社(本社:Vancouver)はチリ第Ⅲ州Caspiche銅・金探鉱プロジェクトの予測鉱物資源量を449.9百万t、品位Cu 0.21%、Au 0.60 g/tと更新した。これは前回の資源量評価を45%上回っており、硫化鉱375.9百万t、品位Au0.61g/t、Cu 0.25%と、酸化鉱74万t、Au 0.55g/tからなる。
  Exeter社は2010年9月までにCaspicheプロジェクトに1百万C$(13.10百万US$)を探鉱投資することを最近の資金計画に盛り込んだ。同社はコアボーリングの実施により、資源量のカテゴリーを予測(inferred)から概則(indicated)に格上げすることを目標としている。また、同社はCaspicheプロジェクトを、最終的には大手鉱山会社に売却する予定としている。

ページトップへ